姫路市で外壁塗装なら、この道30年のかべやねペイントにお任せください!

外壁塗装の色選びのポイントとは? 姫路市 外壁塗装

 

姫路市家の外壁塗装 塗替え専門店
プロタイムズ姫路東店 代表の進藤です
みなさん、おかげさまでありがとうございます!

外壁は風雨が直接あたる場所ですから、定期的に塗装し直し、長持ちするようにしたいですね。そこで悩むのは外壁の色でしょう。雰囲気を変えたい、、、外壁の色にはどんなものがある、、、?家の外壁塗装は、色選びでイメージを変えることができ、気分もリフレッシュできるでしょう。もちろんそれに当たって知っておくべきこともあります。今回は、外壁塗装の色選びや色を選ぶ際の注意点などをご紹介しましょう。

選ぶ色によって、汚れが目立ち、劣化しやすいなどのデメリットを持っている場合があります。また、住宅街では景観が重要視され、ほかの住宅と調和する色を選ぶことが求められるのです。自分の家だけが浮くような色は避けるべきで、景観を壊してしまう結果になるでしょう。色選びは、それぞれの色が持つ特性を知り、景観を守る意識も持って始めるべきです。

自治体により、景観ガイドラインを定めている場合があります。街並みのカラーを統一し、美しさを守るためです。コンビニエンスストアなども景観ガイドラインに従って色を選び、ほかの住宅に溶け込むようにしています。お住まいの自治体で景観ガイドラインに沿うルールがあるかどうか、塗り替え前に確かめておきましょう。

個性的なカラーも素敵ですが、ほかの住宅が暖色系であるのに対し、自分の家が寒色系では浮いてしまいます。雰囲気を壊すことがないか、近隣を散策して見え方を確認しておくといいでしょう。後々トラブルに発展しないためにも、色の見え方には注意すべきです。

外壁塗装で主流となっている色についてご説明します。メリットもあればデメリットもあり、よく理解してから選ぶといいでしょう。

(白)白を好む方は多いです。クリームのような色合いなら問題ありません。しかし、白は汚れや苔が目立つデメリットがあります。家は劣化していくごとに、カビや苔は必ず発生するため、汚れに強い塗料を選ぶようにしてください。

(黒)白と同様に、黒も汚れやすい色です。モダンなイメージですてきな印象に仕上げることができます。しかし、傷や粉状の汚れが浮いて見えてしまうのです。家全体が黒で覆われ、室内の温度が上昇しやすいため、外壁には不向きという説もあります。さらに、黒は退色しやすく色あせが目立ちますから、選ぶときは注意してください。

(赤)外壁塗装を終えた直後は、鮮やかな赤を楽しむことができます。しかし、赤は薄くなっていき、やがて劣化した印象になってしまうのです。個性的である反面、周囲の景観との調和に欠けるデメリットもあります。

(青)赤と同じ原色の青は、周囲が暖色系の外壁だと浮いてしまいます。青も劣化とともに退色していく傾向にあり、古びた印象を与えてしまう色です。メンテナンスが必要になることも視野に入れ、色選びをしてください。

外壁塗装をツートンカラーで仕上げるなら、色の組み合わせは慎重にするべきです。原色系を組み合わせるのは斬新ではあるものの、周囲との調和が取れない派手な家になってしまいます。同じ系統の色で選び、濃淡で組み合わせをすると確実です。

前述のとおり、色選びの重要性についてご理解いただけたかと思います。
家のサッシや屋根の色との調和を考え、色選びすると失敗が少ないです。家はバランスが大切ですから、サッシや屋根と合わない色は避けるべきでしょう。

イメージしている色の系統から決めていく方法もいいでしょう。1つの色を決めてしまう前に、白系・ブラウン系など系統で絞り込んでいきます。系統で雰囲気を掴(つか)んでいくと決めやすいです。外壁塗装業者の実例を見ることも大切です。カラーサンプルやカラーシミュレーションではわかりにくかった部分まで、しっかり自分の目で確認できます。外壁塗装業者の技術もチェックできておすすめです。

いかがでしたか?外壁塗装の色選びは、周辺環境や家のサッシなどに合うものがおすすめです。業者に実例を見せてもらい、色を決めるようにすると確実でしょう。工事期間中も自分の目で見て確認し、業者任せにしないことが、外壁塗装工事を満足できるものにするポイントです。工事後のトラブル回避は、依頼者が知識を持っておくことから始まります!

今日はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんとのご縁がありますように

ありがとうございました!感謝!  

人気記事

    まだデータがありません。

  • 雨漏り110番姫路店
  • エコデザインリフォーム
  • 塗装プランと価格はこちら