姫路市高砂市の外壁塗装の事ならかべやねペイント

お問合わせ

外壁や屋根塗装のめくれって?原因は何? 姫路市外壁塗装プロタイムズ姫路東店

姫路市家の外壁塗装 塗替え専門店
プロタイムズ姫路東店 代表の進藤です

みなさん、おかげさまでありがとうございます!
塗装の塗膜剥離とは施工不良やメンテナンス不足によって塗装が剥がれてくる現象をいいます。

外壁や屋根は紫外線や風雨にさらされるため、長期間経過すると塗膜が劣化し磨耗してきます。ここではそうした経年劣化によるものは除きます。

たとえば、シリコン塗料は10年程度の耐用があります。施工不良による塗装のめくれは2~3年後に突然起こることが多いです。

さらに、塗装が剥がれはじめると、雨水が侵入することでどんどん剥がれてしまうため、対策を講じることが必要です。

外壁や屋根の塗装剥離はどういった施工不良が原因で起こるのでしょうか。塗装剥離を招く施工不良の多くは、下塗り材に関連するものです。

下塗り材には、シーラーやフィラー、プライマーなどの種類があり、下地の状態に合わせて選ぶ必要があります。

たとえば、下地が吸収しやすい状態のときにシーラーを塗っても、シーラーもその後に塗る仕上げ塗料も吸い込まれてしまいますから、

粘度の高いフィラーを使用するのが適切です。また、下塗り材や塗料を規定の量より多い水で薄めると、十分な膜厚が確保できなくなります。

あるいは、そもそも下塗り前に、外壁の高圧洗浄や塗膜の削り落とし、ひび割れの補修といった下地処理が不十分なことも原因となります。

施工不良は塗装の施工業者の経験や知識不足、材料費を浮かせようとする行為によって起こるというわけです。

では実際に塗装剥離が起きてしまったときには、どのように対応すればよいのでしょう?

外壁塗装や屋根塗装の保証期間を定めている施工業者もあれば、保証に関する規定を設けていない施工業者もあります。

保証期間を設けている場合も施工業者によって期間は異なりますが、メーカーの耐久年数より短く設定され、

ウレタン塗料5年、シリコン8年とされることが一般的です。

もし保証期間が定められていない場合は、再施工を依頼するためには、施工不良であることを施工業者に認めさせる必要があります。

施工不良かどうか、素人では判別がつきにくいですので、塗装剥離が広範囲に及び、

施工業者側が認めない場合には、建築士などの専門家に意見を聞く、消費者生活センターに相談するといった方法も検討してみましょう。

塗装剥離は放置すると広がってしまい、雨水が侵入するリスクが生じますので、塗装を一度剥がしてやり直すことが必要です。

外壁や屋根の塗装で、施工不良による塗装剥離を避けるためには、施工業者選び方が肝心です。

何度もお伝えしていることですが、安さだけで施工業者を選ばず、経験が豊富で信頼できる会社を利用することが大切です。
今日はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんとのご縁がありますように

ありがとうございました!感謝!

人気記事

    まだデータがありません。

  • 雨漏り110番姫路店
  • エコデザインリフォーム
  • 塗装プランと価格はこちら