姫路市高砂市の外壁塗装の事ならかべやねペイント

お問合わせ

塗装をお考えの方必見!色選びに失敗しないための3つのポイント (姫路市 外壁屋根の塗装)

姫路市家の外壁塗装 塗替え専門店

プロタイムズ姫路東店 代表の進藤です

みなさん、おかげさまでありがとうございます!

02_03

「心機一転のために家のイメージチェンジをしたい!」「家をきれいにしたい」そんな思いで塗装工事を検討されている方は非常に多いです。こんな思いを持つ方が、納得のいく工事をするためには、色選びは非常に大切です。色選びはご自身の好きな色を選択するというよりは、屋根、付帯、窓周りのサッシ、お隣のお家の色などを考慮しながら選ぶ必要があります。ここでは、その色選びのポイントをいくつかご紹介いたします。

1.色選びに失敗しないための3つのポイント

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

外壁の塗り替えでは、玄関ドアやタイルとの調和がとても大切です。業者の方と以下の項目を使いながら決めていくことが成功へのカギとなります。

・カラーシュミレーションをしてみる

・大きめのぬり板で色を確認する

・朝昼夜、違う天気で景観を考慮しながら色を確かめる

カラーシュミレーションや、大きな塗り板などは業者の方に相談すれば準備してもらえるとおもいますので、ぜひ参考にされてください。

2.外壁塗装の色選びの時によくある失敗

外壁の色選びは、「自分の好きなオレンジで!」と勢いで決定されるケースは、非常に危険です。なぜなら、建物が大きいだけに、周りとのバランスや雰囲気がガラッと変わってしまうからです。ここでは、色選び時によくある失敗をご紹介いたします。

・窓の枠(サッシ)と外壁の色が合わなかった
・選んだ色が汚れが目立つ色であった
・思いのほか街並みから浮いている
・安っぽい
・洋風にしたかったのに和風になった
・なんとなく落ち着かない

選ぶ時に重要な鍵になるのは、彩度(あざやかさ)と明度(あかるさ)、そしてサッシの色との調和です。基調となる4色の色を順に説明していきましょう!

3. 基調となる4つの色

今回は基調となる4つの色の特徴と出来上がりのイメージなどを紹介いたします。

*【汚れの目立ちにくさ重視の方へお勧め】ベージュ

T様完了

外壁にベージュや白などの明るく淡い色を使うと、家を大きく見せる効果があります。またサッシの色を選ばず、洋風でも和風でもオーソドックスにまとめやすい色です。

しかし同時に失敗が多いのもこのベージュや白です。少し色味を付けたいとアイボリーを選んだはずなのに、真っ白に見える、優しいベージュを選んだはずなのに、レモンイエローのように黄色味が強く見えて落ち着かないといった失敗はよくあります。

色は広い面積で見ると、より明るく鮮やかに感じられます。色味を出したい場合は濃い目を選び、落ち着いた雰囲気にしたいならパステルやシャーベットカラーは避けましょう。

シックにまとめたいなら、彩度(あざやかさ)と明度(あかるさ)を落とすのがポイントです。

 

選ぶのが難しいと感じたら、彩度を下げて選べば、どんな家でも無難にまとめることができます。

→ベージュ系の外壁で仕上げた施工事例はこちら
姫路市新在家 T様邸 外壁屋根塗装工事

 

*【汚れの目立ちにくさ重視の方へお勧め】グレー

M様施工後稲美

グレー系の色は濃淡を調節することで、白、黒、ブロンズ系のサッシのどれにでも合わせやすく、モダンな雰囲気を出すことができます。

またナチュラル系を少し辛口にまとめたい場合にもオススメだといえるでしょう。ただし、薄いグレーは汚れた白に見えることもあるので注意が必要です。

特にモルタル面の塗装の場合には、試し塗りをして見え方を確認してくださいね。

使い方としては、濃い目のグレーを選んでハッキリと色を主張させるか、白や黒のサッシをアクセントにして壁面とメリハリを効かせるようにすると、グレーが生きてきます。

→グレー系の外壁で仕上げた施工事例はこちら
稲美町 M様邸 外壁塗装工事

 

*【華のある明るい雰囲気にしたい方へお勧め】ブルー

DSCF6074
ブルー系の外壁は、華のある明るい雰囲気を作ります。合わせやすいサッシの色は白か黒、ブロンズ系には合わせにくいので注意しましょう。

また、淡いブルーは塗り上がると真っ白に見えやすく、汚れが目立ちやすい色でもあります。ブルーを選ぶ際には、少し濃い目・暗めを選ぶようにするのが、上手にまとめるポイントです。

→ブルー系の外壁で仕上げた施工事例はこちら
姫路市飾磨区 M様邸

 

*【明るく華やかな雰囲気にしたい方へお勧め】グリーン

C様施工後
グリーン系の外壁は、彩度と明度を調整していくことで、クラシックな洋館風から明るく元気な洋風、シックな和風まで多種多様な演出ができます。

洋風なら、萌黄色やペパーミントグリーンなど、彩度と明度の高い色を選ぶと、明るく華やかな雰囲気になります。

またサッシ、タイル、玄関ドアとの色合わせが難しいと感じたら、外壁の彩度を徐々に落としながら考えていくと、だんだんとバランスが取れてきますので試してみて下さい!
和風の場合は、彩度を上げると失敗しやすくなります。サンプルでは結構渋く見えたのに、出来上がったら想像より明るくポップになったという失敗が多いので注意しましょう。

うまくまとめるコツは、抹茶色など和の色合いを選ぶ、彩度を下げる、黄色味の強い土壁など自然素材の色を意識することですね!

→グリーン系の外壁で仕上げた施工事例はこちら
姫路市的形町 C様邸 外壁塗装工事

4.まとめ

色選びは、好きな色ではなく、周りの色との調和が非常に大事です。ポイントは、塗り替え後の色を事前に把握するためにカラーシュミレーションを実施したり、小さい色見本だけでなく、大きな塗り板で確認することなどを実施し、実際のものに近いもので比較されることをお勧めいたします。

 

カラーシュミレーションについてもっと知りたい方は、こちらのブログをぜひご覧ください!
外壁塗装のカラーシミュレーションって?

 

今日はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

みなさんとのご縁がありますように

ありがとうございました!感謝!

 

人気記事

    まだデータがありません。

  • 雨漏り110番姫路店
  • エコデザインリフォーム
  • 塗装プランと価格はこちら