姫路市で外壁塗装なら、この道30年のかべやねペイントにお任せください!

感謝しますブログ

外壁塗装の適切な時期はいつ頃?専門業者が解説します!

外壁塗装を検討しているが、いつ取り掛かろうか迷っている方はいらっしゃいませんか。
適切な時期の判断は専門的な知識がないと難しいですよね。
そこで今回は、外壁塗装の適切な時期を紹介します。

□外壁塗装に適した時期はいつ頃?

外壁塗装について詳しくご存知の方はかなり少ないでしょう。
ここでは外壁塗装に適したタイミングを紹介します。

外壁塗装が必要なのは、前回の塗装から10年と言われています。
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
しかし、10年はあくまで目安として考えておきましょう。

実際には外壁に塗られている塗料の種類によって目安となる期間は異なります。
外壁の塗料の種類を確認しようとしても、わからないという方が多いのではないでしょうか。
そのため、そういった方は外壁の劣化状況を確認することをお勧めします。

□外壁塗装を行うべき劣化のサイン

ここまでは外壁塗装の目安となる年数を紹介しました。
ここからは外壁塗装をすべき劣化症状を紹介します。

1つ目の症状は、色あせです。
外壁の塗膜に劣化がないとしても、外壁が塗りはじめの頃よりも色あせている場合は、注意した方が良いでしょう。
色あせは塗膜の劣化が始まっている証拠でもあります。
そのため、外壁の塗装を検討することをお勧めします。

2つ目の症状は、チョーキングです。
外壁に触れてみると、白い粉がついた経験はありませんか。
その現象のことをチョーキングと言います。

外壁は日々、太陽光や雨風に晒されています。
その影響で塗膜の表面が劣化して、チョーキングがおきます。
この症状を放置していると、ひび割れやカビが発生するので、早めに手を打っておきましょう。

3つ目の症状は、塗膜の膨れや剥離です。
これらの症状は、外壁のひび割れを引き起こすでしょう。
早めに対処することをおすすめします。

4つ目の症状は、クラックです。
クラックとはひび割れのことで、その幅が0.3ミリメートル以上であれば早急にメンテナンスをしましょう。

5つ目の症状は、シーリング材の剥がれや割れです。
サッシの周りで発生していることが多いでしょう。
雨水が浸入しないように気をつけてください。

□まとめ

今回は、外壁塗装の適切な時期を紹介しました。
外壁塗装の目安とは10年と言われていますが、あくまで目安として考えておきましょう。
実際は、外壁の劣化状況を見て、塗装の時期を検討してください。
外壁塗装のことでお悩みの方は、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。

人気記事

  • 雨漏り110番姫路店
  • エコデザインリフォーム
  • 塗装プランと価格はこちら